SAMURAIガールの憂鬱
只有神知道的世界Ⅱ角色歌 春日楠

作詞:六ツ見純代/作曲:三津浦誠司/編曲:渡辺拓也
歌:春日楠(CV:小清水亞美)
中文翻譯:火霧淚磐心(涙の星)


心技体( しんぎたい )Love × SAMURAIガール
心技体術Love × SAMURAI武術女孩
信( しん )じたいLove × Don't Cry Girl
想要相信的Love × Don't Cry Girl

こころ志( ざし )、誇( ほこ )り高( たか )く 目指( めざ )す道( みち )へ向( )かって
胸懷驕傲的志向 前往目標的路途
一本( いっぽん )気( ) 意気( いき )込( )むけど 違和感( いわかん )でざわめいてるハート
雖然純真無邪充滿信心 但是騷動的內心卻顯一股不協調感

弱( よわ )みを見( )せずじっと忍耐( にんたい )
毫不顯露弱點 動也不動的持續忍耐
だけど本音( ほんね )はかなり限界( げんかい )
但是真心話已到達界限
気合( きあ )い!気合( きあ )い! 潔( いさぎよ )く定( さだ )めた想( おも )い
氣勢!氣勢! 清高決不動搖的情感

君( きみ )のとなりで変( )わる世界( せかい )
在你身旁逐漸改變的世界
武勇伝( ぶゆうでん )よりも I love youを届( とど )けたい
比起英勇事跡 想把I love you傳達給你

真剣勝負( しんけんしょうぶ )でぶつかって 不器用( ぶきよう )なほどまっすぐに
請認真跟我決勝負 卻像率直那樣感到無比笨拙
極( きわ )めても奥( おく )が深( ふか )い 技( わざ )さえキマらぬ純愛( じゅんあい )事情( じじょう )
甚至連終極奧義的技能 也無法戰勝純情的愛
断然( だんぜん ) 乙女( おとめ )は素敵( すてき )です 可愛( かわい )く凛々( りんりん )しくたくましく
顯然少女仍是極其可愛的 凜然又堅強的
心( こころ )から強( つよ )くなったら 一花繚乱( いっかりょうらん )を咲( )かせよう
要是內心想變得強大時 那就一花繚亂盛放開來吧
そしてまた君( きみ )に逢( )いたい
然後想再次與你相會

心技体( しんぎたい )Love × SAMURAIガール
心技体術Love × SAMURAI武術女孩
夢( ゆめ )見( )たいLove × Don't Cry Girl
內心憧憬著Love × Don't Cry Girl

精神( せいしん )を研( )ぎすまして 煩悩( ぼんのう )さえ脱( )ぎ去( )って
能夠不斷磨練自己的心志 就連煩惱也會擺脫而去
軟弱( なんじゃく )に目( )もくれずに 絶( )え間( )なく日々( ひび )精進( しょうじん )しても
儘管不斷給自己日日精進 也不要露出軟弱的神情

揺( )らぎ始( はじ )める固( かた )いプライド
開始動搖的堅強自尊心
誰( だれ )も知( )らないこの逆( ぎゃく )サイド
誰都無法知道的內心另一面
TRY TRY 開( ひら )きだす勇気( ゆうき )の扉( とびら )
TRY TRY 開始敞開的勇氣之門

君( きみ )が教( おし )えてくれた未来( みらい )
憑著你教會我在未來裡
逆境( ぎゃっきょう )にいても 大逆転( だいぎゃくてん )のチャンスあり
儘管身處逆境 也會有大逆轉的機會


一生懸命(
いっしょうけんめい )頑張( がんば )って 当( )たって砕(くだ )けてしまっても
拼命努力 就算被擊倒傷痕累累
立( )ち上( )がって次( つぎ )への一手( いって ) 修行( しゅぎょう )がもの言( )う恋愛至上( れんあいしじょう )
站起來 為下一次作準備 修行是名為戀愛至上
歴然( れきぜん ) 乙女( おとめ )は無敵( むてき )です 可憐( かれん )にしぶとく勇( いさ )ましく
顯然少女是無敵的 既可愛又堅強勇敢
本当( ほんとう )の笑顔( えがお )を見( )せて 百花繚乱( ひゃっかりょうらん )で照( )らしたら
為了讓你看見展露真心的笑容 就讓百花繚亂齊放輝映
いつかまた君( きみ )に逢( )いたい
期待那一天與你再次相會


Repeat 

心技体( しんぎたい )Love × SAMURAIガール
心技体術Love × SAMURAI武術女孩
はじけたいLove × More Try Girl
想綻開的Love × More Try Girl

心技体Love × SAMURAIガール
心技体術Love × SAMURAI武術女孩
はじけたいLove × More Try Girl
想綻開的Love × More Try Girl

文章標籤
創作者介紹
創作者 snowers 的頭像
snowers

- 休 息 一 下 -

snowers 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()